雑貨の仕事塾 メールマガジン

雑貨の仕事塾 メールマガジン

雑貨の仕事塾

2009年4月3日、雑貨の仕事塾のアトリエ8ユイットがプレオープンしました。
まだまだ什器も雑貨も少ないので,雑貨屋さんとまではいきませんが、「雑貨屋さんみたいなお教室」をお披露目しました。

今後たくさんの楽しいセミナー、イベントを開催していきます。 末長くおつきあいいただけましたら幸いです!
ユイット
<入り口>
古いビルの2階。水色のドアが入り口です。

お店の名前の意味合い

Huit(ユイット)はフランス語で数字の「8」を表す言葉です。
数字の「8」は日本語で八と書き、昔から末広がりの縁起のいい数字としてもよく知られています。
八丁堀に生まれた小さな雑貨屋さんなので、街の名前に使われている縁起のいい数字の1文字を使い、フランスかぶれのバイヤー(マツドアケミ)が名付けました。 数字の八でユイットといいます。どうぞよろしくおねがいします!

ユイットはこんなお店です!

エッフェル塔モチーフ収集家で雑貨バイヤーのマツドアケミが、大好きなエッフェル塔モチーフのパリ雑貨や、手作り雑貨を中心にマツド目線の“可愛い”モノを国内外からセレクトした雑貨屋さんであると同時に、昨年オープンした雑貨の仕事に関係するセミナーを開催するお教室でもあります。

ユイット  ユイット
<黒いエッフェル>
黒いエッフェル塔のステッカーは代表のお気に入り。
<洗面>
イラストレーターとして活躍中の
二木ちかこさんが描いてくれたキッチン。
トイレにも可愛い壁画が描かれています。

ユイットの場所と内装イメージ

ユイットのあるビルはマツドアケミがほぼ毎日利用している八丁堀駅までの道の途中にありました。
「このビルの窓の雰囲気がいいなぁ」となんとなく気になっていた昭和47年に建てられた古いビルです。お教室の場所があったら、、、と考えていたときに偶然立ち寄った不動産屋さんで紹介してもらった3つのうちの物件の一つが偶然にもこの物件でした。
お部屋の中に入ったとたん、「私の学校はここだ!」とひらめき、すぐに契約。内装は「パリのアトリエ」をイメージし、ちょっぴりラスティック(不作法)に仕上げてみました。
大好きなエッフェル塔のモチーフ雑貨をふんだんにちりばめて、雑貨屋さんみたいな学校ができました。

ユイット
<全体>
パリで購入したグリーンのカーテンが印象的な室内。ピンク色とグリーンがテーマです。
代表が一目惚れしてコンランショップで購入したテーブルで学びます。

ユイットと雑貨の仕事塾

雑貨の仕事塾」は2008年4月にオープンした「雑貨で起業!」をキーワードにした雑貨の仕事のノウハウを販売するウェブサイトです。
そのリアル版がユイットになります。
雑貨の仕事塾の前身「アンちゃんのザッカト」から開催してきた勉強会、セミナーをそのまま受け継いだ形で、女性対象の雑貨の仕事に関するお教室、セミナーを開催していきます。

現在「雑貨の仕事塾ブログ」の「小さなお店の作り方」にて巣作りコラムを執筆中です。
小さなお店を自分で作りたい方、ぜひご覧ください。
http://blog.zakkawork.com/

ユイット
<雑貨>
フランスから買い付けてきた雑貨や本が並ぶ棚。
ディスプレイのお勉強にもなります。
8 Huit(ユイット)
ホームページhttp://zakkawork.com (雑貨の仕事塾)
所在地東京都中央区湊1-1-17 真弘ビル205
連絡先E-mailinfo@zakkawork.com
営業時間セミナー開催に合わせて営業します。
問い合わせ先050-3614-5419
ご連絡は基本的にお問い合わせフォームにて伺っております。
オープン日2009年4月4日(土曜日)
オーナーマツドアケミ
地図huit map
雑貨の仕事塾

雑貨の仕事塾